旭川美容外科形成外科 フォトフェイシャル
ホームコンセプトクリニックご案内Q&Aメール相談ご予約
 
レーザーフェイシャル
 
 レーザーフェイシャルとは
  レーザーフェイシャルとは、低出力のレーザーを顔全体に照射することで、皮膚の若返りを もたらす新しい治療法です。

 レーザーフェイシャルの効果

くすみ・しみ・そばかすの改善
表皮上層のメラニンに反応して、くすみ・そばかす・薄いしみを除去します。また、古い角質を 除去し肌のキメを整え、化粧のりも良くなります。美白効果を得られます。

ハリの獲得とシワの改善
皮膚の深部まで到達したレーザー光は、熱エネルギーに変換され、皮膚内で軽い炎症を起こすことで真皮のコラーゲンの産生を促し、肌の内側からキメやハリを改善していきます。

脱毛効果
使用しているレーザーは、本来脱毛を目的として開発されたものですので、顔の産毛が少なくなり、皮膚の滑らかさと毛穴の開きの改善が得られます。

ニキビ予防効果

レーザー光により脂腺が縮小され、またアクネが殺菌されることで、ニキビ予防や脂性肌が改善します。ニキビ跡の色素沈着にもおすすめです。

 
 こんな方におすすめ
  • くすみが気になる方
  • しみ・そばかすを改善したい方
  • 毛穴が気になる方
  • 肌のキメが粗くなってきた方
  • オイリー肌
 
 使用時間と回数
  照射時には輪ゴムではじかれる程度の痛みはありますが、当院のアレキサンドライトレーザーには最新の冷却装置が装備されており、レーザーの照射と同時に冷却ガスで表皮を冷却し、皮膚のダメージを最小限に抑えます。

このため、痛みは軽減されます。レーザー照射時間は15分ほどです。

照射間隔は3週間で、4〜5回を1クールとお考えください。その後はお肌の状態をみられてから決められてください。

 費用:1回16.200円、5回セット72.000円、6回目以降1回10.800円 
 
 問題点
使用するレーザーの出力は従来のレーザーに比べるとかなり低いのですが、全く問題が無いわけではありません。そこでこの問題をなくすためにさらに出力を下げると、今度は効果がほとんどみられなくなります。効果を得るためはある程度の出力は必要ですので、いくつかの症状が起きることがあります。
  • 照射中の痛み

    痛みには個人差がありますが、通常はゴムで弾いたような痛みがあります。痛みは照射時のみですので、後に続くことはありません。痛みが強い方には、効果が無くならない程度に出力を下げて行きます。痛みに弱い方やお肌がデリケートな方は、初回レーザーの出力をより下げて照射いたしますので照射前にお申し付け下さい。

  • 照射後の赤みや腫れ

    一時的に照射部位が赤くなりますが、数時間で収まります。ただ、希に3〜4日続くことがありますので、その症状にあわせて治療をさせていただきます。治まるまではメイクでカバーされても構いません。

  • かさぶた(痂皮)

    照射後3〜4日でそばかすは黒いかさぶたになって剥がれてきます。無理には剥がさず、自然に剥がれ落ちるのをお待ちください。気になられるかたは、メイクで隠されてください。

 濃いシミのある方は 部分的にQスイッチルビーレーザーを併用するとより効果的です。

 費用1回22,000円
 (レーザーフェイシャル+Qスイッチレーザー)
 
 そばかす レーザーフェイシャル
   
 前  後

 
 毛穴 レーザーフェイシャル
   
 前  後
 
 肝斑 日光色素斑 色素性母斑 混在例
 Qスイッチルビーレーザー+レーザーフェイシャル 内服併用療法
   
 前  後
 
 TOP
Asahikawa biyougeka keiseigeka skincare clinic
北海道 道北 旭川 札幌 美容整形 美容外科 形成外科
レーザー フェイシャル レーザーフェイシャル 旭川美容外科形成外科クリニック
.Copyright (C) 2005 Asahikawa biyougeka keiseigeka skincare clinic all rights Reserved